日創研高知経営研究会は、「共に学び、共に栄える」理念の下、経営者・経営幹部が学ぶ組織です。

委員会活動

■理念委員会

委員長:岡林雅士

スローガン:【家族・社員・社会に発信する経営理念確立とグローバルな視点を持った連携】

理念に対する考え方は皆様色々とあると思います。
果てしなく続く道。いつになったらしっくりくるだろう。
企業理念を作ってみたものの、なかなか思うようなものができない。
自分自身や社員さんの腹にシッカリと落とし込めているでしょうか?
私自身も作成途中で道半ば、どう示して良いものか五里霧中の状態であります。
しかしながら、経営には戦略と同じ位かそれ以上に「理念」はとても大事なものであり、想いを形にすることによって、自分、家族、社員さんを幸せにするものであります。
当委員会では、初めての理念づくりの方はもちろん、既に完成している会員の皆様にも言葉の磨き上げのために、「スマホで簡単15秒動画を作成」することにより、映像を使った理念のアウトプットをします。より深い気づきが必ず起きます。
完成後は家族や社員の皆様にも見ていただき、自分たちの仕事に誇りをより持ち、理解していただくためのものとなります。
この大変革の時代、変わらぬ想いはあれども、理念の言葉や表現の仕方は、変化していくものであります。
皆様と一緒に、より良い経営理念の作成や浸透につなげ良質な関係づくりを進め、共有していきましょう。


■戦略委員会

委員長:白圡圭志

スローガン:【忠恕=仁(五常の五徳)委員会を通して思いやりの心を持ち、礼儀を尽くして行動することができる仲間づくりをする】

戦略委員会では、本部会長方針に沿って「真の80%黒字経営の実践」を目指していきます。当該方針を達成する為には経営計画書の作成は不可欠だと考えます。
今年は四国経営発表大会が初めて高知県で開催されます。戦略委員会が先頭に立ち、全会員様が参加し一丸となってこれを成功させたいと思います。
これに伴い、今年の戦略委員会は四国三県から講師をお招きしての経営計画書の作成意義や実体験を講演して頂きます。
今年戦略ゼミ2年目となり経営計画書を作成していく土台ができ経営計画書の数字を含めた全ての作成を目指し、今年新たに入った委員会メンバーさんにも作成を促していきます。
また、SA・SC・PSVの受講を推進し、経営計画書の作成とともに経営理念の深耕を図っていきます。


■広報活性化委員会

広報活性化委員長:川島一寛

スローガン:【黒字企業80%以上を目指して、広報活動の学びを通して会員と会員企業を活性化する】

近年、インターネットの普及やスマートフォンの爆発的な普及によって、企業の広報活動には大きな変化が起こっています。また、現在では売り手側も、買い手側も生産性を重視するようになりました。そのため、飛び込み営業による総当たりの営業手法が取られていたのは昔の話であり、今では広報ツールやインターネットを上手に使った効率的かつ効果的な営業・広報活動が求められるようになりました。我々は、自社本位で考えていたプロダクトアウトの考え方から、顧客本位で考えるマーケットインの考え方にイノベーションしていく必要があります。
企業経営において最も重要なのは経営理念の確立です。そして、健全な社風をつくり、経営理念の実現に向けて、経営戦略を立案し、遂行する必要があります。その遂行にあたって必要なのが、自社の内外に向けての広報活動です。
広報・活性化委員会では、理念委員会・戦略委員会で深めた学びを統合し、自社で活用していくための、知識や技能を学び合い、仲間と共に業績を高め合う活動をしてまいります。






















ページ上部へ