委員会活動

■理念委員会

委員長:岡林雅士

スローガン:【家族・社員・社会に発信する経営理念確立とグローバルな視点を持った連携】

 理念に対する考え方は皆様色々とあると思います。
果てしなく続く道。いつになったらしっくりくるだろう。
企業理念を作ってみたものの、なかなか思うようものができない。
自分自身や社員さんの腹にシッカリと落とし込めているでしょうか?
私自身も作成途中で道半ばの途中で、どう示して良いものか五里霧中の状態であります。
 しかしながら、経営には戦略と同じ位かそれ以上に「理念」はとても大事なものであり、想いを形にすることによって、自分、家族、社員さんを幸せにするものであります。
 当委員会では、初めての理念づくりの方はもちろん、既に完成している会員の皆様にも学びの場を提供するために、昨年発足した「理念と経営の勉強会」河添支部または他6支部のどこかに所属して学んで行きます。
 中々委員会に出られない方も参加しやすいように支部を超えた活動参加を支援します。
そしてそこで学んだ理念をアウトプットする場所として、理念委員会の中にコミュニティを作り、各支部の理念活動をも情報共有します。
 この大変革の時代、変わらぬ想いはあれども、理念の言葉や表現の仕方は、変化していくものであります。
 皆様と一緒に、より良い経営理念の作成や浸透をして、良質な関係づくりを進め、共有していきましょう

■戦略委員会

委員長:白圡圭志

スローガン:【真の80%黒字経営の実践】

戦略委員会では、本部会長方針に沿って「真の80%黒字経営の実践」を目指していきます。当該方針を達成する為には経営計画書の作成は不可欠だと考えます。 
 昨年は四国経営発表大会が初めて高知県で開催されました。戦略委員会を中心に、全会員が参加し一丸となって無事成功させることが出来ました。今年の戦略委員会としましては委員会メンバーによる自社の活動や悩みを共有し、お互いにアドバイスをしながら経営計画書の必要さを学ぶ活動を中心にしていきます。
 戦略ゼミも3年目となりました。2年目の昨年においては、経営計画書を全て作成し四国経営発表大会で発表された会員もいらっしゃいました。今年新たに入った委員会メンバーにも作成を促していきます。
また、SA・SC・PSVの受講を推進し、経営計画書の作成とともに経営理念の深耕を図っていきます


■活性化委員会

活性化委員長:坂本圭志

スローガン:【そうだ!高知経営研究会に行こう】

活性化委員会では、今年度は『組織の活性化するには、どうしたらいいのか?』テーマに、共に学び合えるように活動していきます。
  忙しい中、時間を割いて『高知経営研究会に行こう・勉強しに行こう』と思っていただける安心で価値のある居場所にするには、会員相互間のストロークが大切です。お互いの存在を認め合う、あなたはその場所にいていいという安心感をまずは作り上げないと、活性化は促進できないと考えます。会の内部より活性化できたら増員も増強もできるのではないかと思います。 強引に加入、強引に会へ、来てくれというのではなく。会の活動に自分の学びと成長に結びつけて考え、自ら進んで参画できる自律型の会員を増やしていきます